2018年9月14日 イレギュラータグサイト解析を可能にしました!(Ver.1.6.7.0)            2018年8月19日 EWAアップデート版配布開始(Ver.1.6.3.0)            2018年7月24日 Easy Words Analytics(“EWA”)をリリースしました!

“最短で”サイトをトップページ表示させるための手法とは?

キーワード検索された時に「1ページ目に自分のサイトが表示されている」という状態、これこそがアフィリエイトで稼ぐための最低条件です。
しかしながらこれだけネットビジネスに取り組む人が増えているという状況で、そんな最低条件を“最短で”実現するのはたやすいことではありません。
そんな中にあって、一部のトップアフィリエイターと呼ばれる人達は、システマティックに自分のサイトをトップページに表示させ、7桁や8桁というとんでもない金額を稼いでいます。

あなたとそのトップアフィリエイターでは何が違うと思いますか?

「経験?」という言葉が返ってきそうですが、実は経験ではありません。
早い人は数カ月でそれなりの成果を挙げてしまいます。
「じゃあ何?」ということになりますが、答えは「考え方と手法」が違うのです。

「考え方と手法」が違うのですから、そりゃあ結果が違って当然ですよね。

その一部のトップアフィリエイターが密かに行なっている“最短で”サイトをトップページ表示させるための「考え方と手法」をこのページで全て公開しますので、じっくりご覧ください。

まずはAとB 、2つの「考え方と手法」をご紹介します。
どちらかが一部のトップアフィリエイターが実践している考え方と手法で、どちらかが稼げないアフィリエイターが多く実践している考え方と手法です。

言葉を換えれば・・・

あなたはどちらの考え方と手法に近いことを実践しているでしょうか?

もし一部のトップアフィリエイターが密かに行なっている“B”の考え方と手法を実践しているのなら、それを継続することで必ずや収益に結びつくはずです。

しかしAの考え方と手法を実践しているのなら・・・
すなわちトップページに表示されそうもないサイト作りにお金と時間を投入しているのなら、「いつまで経っても稼げない」と嘆くだけではなく、資金投入ばかりで一向に稼げないので、「もうアフィリエイトなんかやってられない!」とすら思っているかもしれませんね。

はっきり言って一攫千金を狙うようなことをネットビジネスでやってはいけないのです。

ご挨拶

“イージー・ワーズ・アナリティクス”=Easy Words Analytics(“EWA”)のサイトにお越しいただきありがとうございます。
“EWA”販売会社である株式会社MSRの田嶋と申します。
私は現在株式会社MSRと株式会社T.P.L.Consultingの2社の代表をしており、これまでにこの2社を通じてメイン・サイト・リライター(MSR)とパーフェクト・サテライト・ライター(PSW&PSW_ver.2)というコンテンツ作成をサポートするツールを販売してきました。
お陰様でパーフェクト・サテライト・ライターはインフォトップの殿堂入り商品に認定されましたし、メイン・サイト・リライターはインフォトップグランプリで第6位に選出(60,000件以上の商材の中で)されました。
もちろん両ツールは今もアフィリエイターの方を中心に売れ続けており、販売総数は1万台を超えております。

こういうツールを販売しておりますと、いろんなアフィリエイターの方とお話をする機会に恵まれるわけですが、やはりトップアフィリエイターの方とお話をしていると、「さすが!」と思わされることが多いです。
そしてそれらトップアフィリエイターの方の中には、アフィリエイトサイトを構築しトップページに表示させるまでの手法が非常に似ているという方が何人もいらっしゃるということに気付かされます。
またそれらの方は「なぜそのようにするのか?」という考え方もほとんど変わらないのです。

彼らの話を聞けば「まさしく理に適った考え方であり、手法である」と痛感するのですが、多くの方はそんな考え方をしていないし、そのような手法を取っていないというのが現実です。
月に5,000円すら稼げない人が95%以上だと言われる理由が正しくそのあたりにあると確信しました。

このサイトでは一部のトップアフィリエイターの方が図らずも同じように実施している手法というものを詳しくご紹介すると共に、その手法を効率的に実施するためのツールとして“EWA”もご紹介させていただきます。

もちろん“EWA”がなくても実施可能な手法でありますので、先ずはあなた自身でこの手法が効果的なのかどうかを検証した上で「これならうまくいく!」と確信が持てましたら、“EWA”の導入も検討してみてください。
“EWA”を導入すれば、あなたがご自身でトライするのに掛かった時間を飛躍的に短縮できるはずです。

また“EWA”はあなたが時間とお金を掛けて構築した既存サイトの上位表示にも必ずや力を発揮してくれるはずです。
「なぜあなたのサイトが上位に表示されないのか?」を、今現在トップページに表示されているサイトといろんな指標で比較することにより明らかにすることができます。
もしあなたが既存サイトを何とかしたいとお思いでしたら、このページを熟読いただいた上で、一度導入の検討をしていただければ幸いです。

このページでご紹介する手法および“EWA”はこんな方に役立ちます。

  • アフィリエイトサイトを量産しているけど、どれも上位表示とは程遠く全く収益があがらない
  • 収益がほとんどないのに、“出費ばかりがかさんで”アフィリをやる意味がないと思い始めている。
  • “どんなキーワードで”サイトを作っていいかわからない。
  • 記事を外注したいが、“どんなテーマで”書いてもらったらいいのかわからない。
  • “アフィリエイトに役立つ無料ツール”にはどんなものがあるのか知りたい。
  • 上位表示されているサイトを参考にしたいが“何を見ればいいのか”わからない。
  • トップアフィリエイターと自分は“どこが違うのか”をはっきり知りたい。
  • トップアフィリエイターが収益を上げるまでの“具体的な手順”を知りたい。
  • 各サイトの共起語をチェックしたいが“自分の意に沿うチェックツール”が存在しない。
  • サイト作りに役立つ必要最低限の機能が実装されていて、“サクサク動くツール”を探している。

一部のトップアフィリエイターに共通する8つの考え方とは?

トップアフリエイターの方は異口同音に次のようなことを口にします。

  1. トップページに表示される確率の低いキーワードでサイト作りをしない!
  2. トップページに表示される確率の高いキーワードを特定することが最重要課題!
  3. トップページに表示されやすいキーワードでたくさんのサイト作りをすることが大切!
  4. たくさんのサイト作りをするが、それぞれのサイトに対し最初からお金と時間は掛けない!
  5. 本当にお金と時間を掛けるのは30位以内に入ったサイトに対してのみで、あとは捨てる!
  6. 1つのサイトからの収益が少々であっても複数のサイトを合算すればそれなりの収益に繋がる!
  7. 複数のサイトの中から収益的に爆発するサイトが必ず生まれる!
  8. 稼ぐための必須条件は効率的でシステマティックなやり方を身につけ、それを継続すること!

これらの考え方の根底にあるのは、もちろん検索された時に

「トップページに表示されなければ話にならない」

ということなのですが、それを“最短で”実現するためには上記のような考え方が必要だということなのです。

すなわちSEOに頼らずとも30位以内に表示される確率の高いキーワードをできるだけ多く特定し、それぞれのキーワードを踏まえて作成したサイトの中から、実際に30位以内(中には20位以内と言う人もいます)に入ったものにだけ時間とお金を掛けてトップページ表示させるという手法なのです。
逆に30位以内に入ってこないキーワードに対しては見向きもせず、そのまま切り捨てるというスタンスなわけです。

言葉を換えれば、“最短時間と最少努力で最大の利益を得る手法”とも言えるでしょう。

私が先に「まさしく理に適った考え方であり、手法である」と言ったのもそういう背景があるからなのです。
もしあなたがこのようなやり方を知らないとすれば、「非常に効率的でシステマティックな考え方であり手法だ!」という感想を持たれること請け合いです。

“最短で”サイトをトップページ表示させるための手法。
その“具体的な手順”とは?

一部のトップアフィリエイターが密かに行なっている“最短で”サイトをトップページ表示させるための手法とはいったいどういうものなのか?
その“具体的な手順”を「7つの手順」として以下にご披露します。

以上が「7つの手順」ですが、次の項目で各手順を更にわかりやすく解説します。

“最短で”サイトをトップページ表示させるための「7つの手順」の解説

関連キーワードをピックアップする方法としては少なくとも6つ挙げることができます。

その1:ヤフーキーワードアドバイスツール
https://promotionalads.business.yahoo.co.jp/Advertiser/Tools/KeywordAdviceTool を利用

キーワード入力欄にトップページに表示させたいキーワードを入力すると、その関連キーワードと共に1日当たりのインプレッション数(広告の表示回数)が表示されます。
それらを確認しながら適宜ピックアップします。
インプレッション数というのは厳密には検索回数とは異なりますが、大まかな検索数だと捉えられますので非常に利用価値があります。

その2:グーグルキーワードプランナー
https://adwords.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/ を利用

キーワード入力欄にトップページに表示させたいキーワードを入力すると、その関連キーワードと共に月間平均検索ボリュームが表示されます。
ただしこの表示の仕方が2つに分かれます。
Google AdWordsで広告を出稿している人にはズバリ「5,500」といった実数が表示されますが、広告を出稿していない人には「1,000~1万」といった一定の幅を持たせた表示になります。
これらの検索ボリュームを確認しながら適宜ピックアップします。
「1,000~1万」というキーワードでもトップページに表示されれば、それなりの収益に繋がりますから、広告を出稿していない人でもグーグルキーワードプランナーは十分利用価値があります。

その3:関連キーワードツール「goodkeyword」
https://goodkeyword.net/ を利用

このサイトの検索窓にあなたがトップページ表示させたいキーワードを入力すると、実際に検索されている関連キーワードが表示されます。
またその関連キーワードをクリックすると検索ボリュームの変化も表示されますので、その中より適宜ピックアップします。

情報元:Google/Bingサジェスト、Googleサジェスト、マルチサジェスト、楽天サジェスト、GooglePlayサジェスト

その4:関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
http://www.related-keywords.com/ を利用

このサイトの検索窓にあなたがトップページ表示させたいキーワードを入力すると、実際に検索されている関連キーワードが表示されます。その中より適宜ピックアップします。

情報元:Googleサジェスト、「教えて!goo」、「Yahoo!知恵袋」

その5:KOUHO.jp
http://kouho.jp/keyword.php を利用

このサイトの検索窓にあなたがトップページ表示させたいキーワードを入力すると、実際に検索されている関連キーワードが表示されます。その中より適宜ピックアップします。

情報元:Googleサジェスト、Amazonサジェスト、楽天サジェスト、Bingサジェスト、はてな連想語、Yahoo知恵袋、
    Twitter共起語

その6:ヤフー虫眼鏡 を利用

ヤフー検索窓にあなたがトップページ表示させたいキーワードを入力すると、そのキーワードの関連キーワードがページの上下に表示されます(ヤフー虫眼鏡ワード)。その中より適宜ピックアップします。

POINTその3~その6については「よく検索されている関連キーワード」という位置付けでそれぞれ掲載されてはいますが、実際にどの程度の検索ボリュームがあるのかはわかりません。
従いまして検索ボリュームを確認したい場合は、ヤフーキーワードアドバイスツールやグーグルキーワードプランナーなどでチェックすることをおすすめします。

手順①でピックアップしたキーワードをヤフー検索した時に、トップページにはライバルとなるサイト総数(検索件数)と概ね10サイトのタイトルが表示されますが、そのサイト総数と10サイトの各タイトルの中に検索したキーワードの全てが含まれている(allintitle)かをチェックします。
例えば検索したキーワードが「脱毛器 おすすめ」なら、「脱毛器」と「おすすめ」がタイトルの中 に両方含まれているかをチェックするわけです。

そうしてサイト総数とallintitleのサイトが10サイト中何サイトあるのかで「トップページに表示されやすいキーワードかどうか」を判断するのです。
サイト総数というのはライバルサイトがいくつあるのかということですから、当然少ない方が有利ですし、allintitleのサイトについても少なければ少ないほど有利だと考えられます。

「トップページに表示されやすいキーワードだ!」と判断するサイト総数とallintitleのサイト数の目安はアフィリエイターの方それぞれで若干異なりますが、大まかな数字を「評定」として後述します。

サイト総数とallintitleのサイト数を手順①でピックアップしたキーワードすべてでチェックする。

POINTキーワードを検索した際に、そのサイトが上位表示されるための基本条件として、「タイトルにそのキーワードの一部または全てが含まれている」ということが知られています。
特に全てが含まれているサイトが上位に表示される確率が高くなります。
ここでallintitleをチェックするのはそういう背景があるためです。

また「サイト総数は少ない方がライバルは少ない」というのは当然であり、トップアフィリエイターの中にはサイト総数10万件以内のキーワードしか扱わないと豪語する方もいらっしゃいます。ここは非常に重要な点で、あなたもキーワードを特定するにあたり、サイト総数とallintitle数に関して自分なりの判断基準を持つことが大切だと言えます。

トップページ表示させたいキーワードを選択するというよりも、トップページに表示される確率の高いキーワードでサイトを作るという姿勢が最も大切だということです。
トップページにさえ表示させることができれば、必ずや訪問者はありますし、そこにアドワーズ広告やASP広告があれば収益に結び付くことはそれほど難しいことではないわけです。

一般的にキーワード検索した時にトップページに表示されている10個のサイトのコンテンツ(文章)には一定の共通点があります。
それはコンテンツの中に多く含まれるキーワードがほぼ同じであるということです。
別の言い方をすれば、キーワード検索したキーワードについては、コンテンツ内に必ず複数回表示
されると共に、そのキーワードと関連性の高い語句(キーワード)も必ず複数回表示されるのが一般的だということなのです。
これらのキーワードのことを共起語と言います。

逆に言うと、グーグルは
「1つの検索キーワードに対しては、特定の共起語が多く含まれているサイトを有益なサイトだと判断している」
ということが言え、それらのサイトをトップページに表示しているわけです。

POINT従って共起語を特定し、その共起語を複数盛り込んだサイトを作成することが、あなたのサイトをトップページに表示させるための最低条件であるとも言えるのです。

どのような共起語が含まれているのかは無料共起語検索ツールでチェックすることが可能です。
基本的にキーワード検索した時にトップページに表示される10サイトのコンテンツに含まれている共起語を特定し、それをあなたのサイトに盛り込むことが大切だということです。

トップページに表示される10サイトから共起語を特定することができるツールとしては下記の2つがおすすめです。
★FindWord https://findword.yurilog.cc/
★LSI調査 http://a-rooms.com/lsi/

10サイトとは明記されていないけれど共起語を特定できるツールとしては以下もおすすめです。
★共起語ツール https://user.sakurasaku-labo.jp/tools/cooccur

コンテンツ(文章)をできるだけお金を掛けずに収集する方法としては3つ挙げることができます。
それぞれの方法により収集したコンテンツを適当に掲載してサイトを作成するのですが、とにかくここでは「共起語が含まれたコンテンツがある」という事実だけが大事であり、それほど中身について精査することはしません。
いずれ30位以内に表示された時に正式なものに作り変えるわけですから、あまり時間を掛けないということです。
そういった意味で“ざっくり”とサイトを作成すると記述しています。


その1.外注する(共起語を指定して依頼)

手順③より導かれた共起語の内、出現頻度の高い上位10~15個を指定して、それを含んだ文章の作成を外注する。
「記事作成」で検索するといろんな外注先がヒットしますので、その中より良さそうな業者に依頼します。
文字数としては1サイト最低2,000文字以上となるように依頼することが大切です。
1人に2,000文字以上で依頼するのでも構いませんし、5人に出現頻度の高い上位10~15個の共起語を割り振って、1人当たり400文字以上で作成するよう依頼するのでも構いません。
一般的に文字数が多いサイトの方が上位表示されやすいと言われていますので、その辺も加味した上で依頼すると良いでしょう。
1文字1円程度で依頼できますので、2,000文字なら2,000円前後、3,000文字なら3,000円程度で取得できます。
これなら掛かる費用はお小遣い程度です。

その2.外注する(トップページ表示されているサイトの「hタグ」を抽出して依頼)

その1では手順③より導かれた共起語の内、出現頻度の高い上位10~15個を指定してとしましたが、もっと具体的に依頼する方法としては、トップページ表示されているいくつかのサイト内にあるサブタイトル(基本的に「h2タグ」)を5~7個くらい抽出して、そのサブタイトルをテーマにした文章の作成を外注するという方法です。
1テーマ400文字程度で作成するように5~7人に依頼します。
こうすることで、ごく自然に共起語が盛り込まれた文章が手に入るはずです。
文字数としては合計で2,000文字~3,000文字、費用的にも2,000円~3,000円程度で済みます。

その3.無料リライトツールの活用

とにかくお金を掛けたくないという人は無料のリライトツールを活用します。
上位表示させたいキーワードで現在トップページに表示されているサイトのいずれかの文章をそのままリライトするという方法と、上記“その2”と同様にトップページ表示されているいくつかのサイト内にあるサブタイトル(基本的に「h2タグ」)とその文章を10個くらい抽出して、それをリライトするという方法です。
無料リライトツールを利用したリライトの利点は、もちろんお金が掛からないということが挙げられますが、もう1つは共起語の配置バランスがほぼ保持できるということです。
トップページに表示されているサイトは共起語が効果的に配置されていると考えられます。
その共起語が効果的に配置されている文章を、共起語を除いてリライトするわけですから、SEO的にも有効な文章になり得るというわけです。
これが“ざっくり作るサイト”に対して、トップアフィリエイターがリライトを好む大きな理由です。

無料リライトツールとしては以下の2つを挙げることができます。

・リライトブーン http://rwboon.com/
・工房リライトツール http://mgkb.biz/rewrite/

両ツール共にリライトできる語句がハイライト表示され、それをマウスを使ってリライトしていくだけというものなので非常に簡単です。
更に工房リライトツールには類義語変換オート(自動リライト)機能も付いているので、ワンクリックで複数の語句を自動でリライトすることもできます。
ただしこの自動リライト機能を利用してリライトされた文章は、日本語的におかしな文章になることが避けられないので、その点について理解できる方のみ利用して頂きたいと思います。

POINTトップアフィリエイターの中には、日本語的におかしな文章についてはあまり気にせず、とにかくできるだけ手間を掛けずに多くのサイトを構築することを第一に考えて自動リライト機能(一括変換機能)を利用している方が結構います。
その根底には上位表示しやすいキーワードを特定し、共起語の配置バランスを保持したサイトであれば、日本語的におかしな文章であろうと30位以内に入りやすいし、30位以内に入ったものについては、どっちみちきちんとしたものに作り直すわけだからという考え方があります。
現在はコンテンツが重視されるからという理由で一括変換に抵抗感をお持ちの方がいらっしゃることは重々承知ですが、そのように実践して収益を上げている方が多々あるのでご紹介しました。現在のトレンドとか実際にトライしてみた結果を鑑みて「一括変換は良くない」という方は、一語一語リライトしていってください。

ATTENTION

リライトツールを利用するに当たっては2つ注意すべきことがあります。
1つ目はもうお分りかもしれませんが、出現頻度の高い共起語(概ね上位10個)については配置バランスを保持するためにリライトしないということです。
もし自動リライト機能を利用した場合に、その共起語が変換されてしまった場合は、必ず元に戻すことが必要です。

2つ目は両ツール共に無料なだけに、マウスを使ってリライトできる語句の数がそれほど多くありません。従いまして、コピー文章にならないようにするためにも、ツールでリライトできない部分については、あなた自身でもできるだけリライトするようにしたほうが賢明です。

サイトをアップロードするに当たってはドメインとレンタルサーバーが必要となりますが、最近は1つのドメインが初年度分30円くらいで取得できますし、レンタルサーバーも年間数千円程度で借りることができます。
30円で借りたドメインは、そのサイトが上位に上がってこない場合1年以内に解約してしまえば良いわけですし、もし上がってきた場合は2年目以降年間1,400円程度のドメイン代がかかりますが、その時には収益が出ているはずですから、どうということはないと思います。
サイトをアップロードしたら、同時にグーグルにインデックスさせるためにグーグルのサーチコンソールにアップロードしたサイトのURLの申告を行ないます。
⇒ https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url に遷移して、そこにあるURL入力欄にアップロードしたサイトのURLを入力して「リクエストを送信」ボタンをクリックしてください。

なおグーグルのアカウントをお持ちでない場合は先にアカウントを取得してください。
こうすることでいち早くクローラーを呼び込み、サイトをインデックスさせることが可能です。
(必ずインデックスされるとは限りませんので、予めご了承ください)

またワードプレスやブログを利用してサイトを作成する場合は、必ずPing送信設定を行なってからアップロードするようにしてください。
現在有効なPing送信先を記載しておきます。送信先の有効・無効は時間の経過とともに変わりますので、ご自身でもネットなどでチェックしてみてください。

NOTE

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.dendou.jp/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://pingoo.jp/ping/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://xping.pubsub.com/ping/

繰り返し作成したサイトは上記のレンタルサーバーにアップロードします。
繰り返すということはそれだけドメイン代が掛かることになりますが、仮に100サイト分のドメインを取得したとしても3,000円(1ドメイン30円なので)で済みます。
3,000円で100サイトが上位表示するかどうかテストできるわけですから、本当に安い投資だと思います。
可能ならば100サイト以上のサイトをアップすべきです。
とにかく数がものを言う世界です。

アップロードしたサイトの中で概ね30位以内にランクインしたサイトに対してのみ、あなたが掲載したいアドワーズ広告や各ASP広告を踏まえてコンテンツの手直しを実施します。
手直しに際して意識したいことは「コンテンツの網羅性」です。
コンテンツの網羅性がSEOにも有効ですし、実際にトップページにランクインしてきた時には売上にも直結してくるわけですから、ここは手抜きができません。
コンテンツとしてサイトに掲載するテーマを決めたら、そのテーマに関する記事を外注するようにしす。

POINT上位表示しやすいサイトの必須条件の1つとして「網羅性」があります。
これはあらゆるテーマが網羅されているサイトが上位表示されやすいというものです。
特にトップページに表示されている10サイトに掲載されているテーマが全て網羅されているサイトは上位表示されやすいと言われています。
ざっくりと作成したサイトの内、概ね30位以内にあがってきたサイトに対して、しっかりとしたものに作り変えていくわけですが、その際にトップページに表示されている10サイトの「h2タグ」を中心にしたテーマをできるだけサイトに盛り込んでコンテンツ作りをすることにより、トップページ表示の可能性が高まるわけです。

外注に記事を作成してもらっている間に、あなたの方はCクラス以上でIP分散された衛星サイトより被リンクの供給を開始します。
無料ブログや無料サイトを利用すればCクラス以上でIP分散された50以上の衛星サイトを運用することができます。
一気に被リンク供給を実施するのではなく、あくまでも徐々にというスタンスで行なうようにしてください。
いくつくらいの衛星サイトを運用すべきかについては、オンライン上に公開されている被リンクチェックツールなどを利用して、上位表示されている10個のサイトをチェックしてみて判断するのも有益です。

依頼した外注した記事が納品されてきましたら、30位以内にランクインしたサイトにそれらの記事をアレンジして掲載した後に、アドワーズ広告や各ASP広告を挿入するということになります。

この段階で初めてそれなりのお金を掛けるということが必要になりますが、上位表示が見えているわけですから、積極的に資金投入ができるはずです。

あとは実際にトップページに表示されて収益が発生するのを待つだけということになります。



以上の7つの手順をシステマティックに行なうことこそが“最短で”サイトをトップページ表示させ、収益を発生させる確率の高い手法だと言えます。

7つの手順の内の”肝となる”手順②③④⑦の効率化を図るための
ツール、それが“EWA”です。

7つの手順というのは無料ツールを利用したり、あなた自身が手間暇をかけることで実施することができますが、どうしても時間が掛かってしまいます。
トップアフィリエイターの方も時間的な効率を求めるために、ツールに任せられるところは任せているようですが、それでも満足できるツールがないとのことでした。

そこでこの7つの手順の内、特に②③④⑦を効率化するためのツールとして開発したのが

「Easy Words Analytics」=“EWA”です。

上記をご覧いただいてお分かりの通り、

★手順②③④は上位表示しやすいキーワードを特定し、それらを踏まえてざっくり作成したサイトを30位以内
 にランクインさせる作業

★手順⑦は30位以内にランクインしたサイトをトップページに表示させるための作業

ということになります。
“EWA”というのは、これらの作業を効率的及びシステマティックに成し遂げていただくために、とにかく複雑なことは一切排して使いやすさを第一に考えた解析ツールなのです。

なお現在ではモバイルを利用してキーワード検索をする人の方が多くなっていますので、モバイルのデータもチェックいただけるようにPCにもモバイルにも対応した機能を実装しています。
すなわちPCサイトを作る場合もモバイルサイトを作る場合も、必要な情報を確実に取得することができるというわけです。臨機応変に使い分けてください。

“EWA”の機能について動画を交えて詳しく解説します。

  • キーワード検索した際に、どの様なキーワードが上位表示しやすいのかを特定することができます。
    上位表示のしやすさを、トップアフィリエイターの意見を参考に「allintitle数」と「サイト総数」(検索件数)から10段階で評定しています。
    一度に500個のキーワードを解析する(必要時間約10分:ネット環境により変わります)ことができますから、時間的にもスピ-ディーでいろんなデータリソースから取得した大量のキーワードを解析して上位表示しやすいかを判定できます。
    ヤフーのキーワードアドバイスツールやグーグルのキーワードプランナーで取得したキーワードをダウンロードしたデータを読み込む(読込機能)こともできますので、非常に重宝するはずです。

    またこの読込機能があるために、goodkeyword や関連キーワード取得ツール(仮名・β版)などから取得したキーワードを

    ① ヤフーのキーワードアドバイスツールでチェック
    ② CSVファイル形式で保存(ダウンロード)
    ③ 保存したCSVファイルを“EWA”で読み込み

    することにより、それぞれのキーワードのインプレッション数を把握し、その数が少ないものについては消去した上で「キーワード解析」することもできます。

    実際に“EWA”に読み込んで解析したキーワードの一例(15キーワード)をQ&Aに記載しておりますので、後程ご覧になってみてください。
    なお2018/7/15現在のものなので、日にちが経っている場合は既にこの販売ページを見て、そのキーワードでサイト作りをしている方がいるはずですので、数字は多少異なっていると思われます。

    評定の数値は下記のように規定しておりますので、確認してみてください。
    なお評定はあくまでも目安ですので、実際に上位に上がって来る状況を鑑みて、あなたご自身で評定をし直すのもよろしいかと思います。
    (評定の数値はトップアフィリエイターの方の意見を参考にしていますが、独自の指標をお持ちの方も見受けられます。)

    評定一覧表(pdfファイル)はこちらをクリックするとご覧いただけます。

  • キーワードを入力するだけで、そのキーワードに対する“Yahoo!虫眼鏡”キーワードが上位表示しやすいかどうかを判断することができます。
    「キーワード解析」機能同様10段階で評定しています。

  • 特定のサイトの共起語(頻出キーワード)を抽出することができます。
    例えば1位に表示されているサイトのコンテンツをコピペして解析すれば、そのサイトの共起語が明確になりますので、あなたがどのような共起語を含んだコンテンツを作成すればいいのかがわかります。

  • キーワードを入力するだけで、そのキーワードの1~10位、11~20位、21~30位の共起語を出力することができます。
    これにより上位表示と共起語との関連性を確認することができます。
    また1~10位、11~20位、21~30位の違いが明確に把握できます。

  • 指定キーワードでトップページ表示されている上位10サイトの「h1タグ」~「h6タグ」までを一覧にて表示させることができます。
    これによりざっくりとしたサイトを構築するにあたり外注に記事作成を依頼する時に、どのようなテーマでリクエストすれば良いかが明確になります。
    また概ね30位以内にランクインしてきたサイトに対して、コンテンツの手直しをするわけですが、「網羅性」を考慮して、どのようなテーマで記事を書けばよいのかのヒントも得られます。

  • ざっくりと作成したサイトの内、概ね30位以内にあがってきたサイトに対して手直しをするわけですが、「キーワード出現率解析」以下の機能は、手直しをしたサイトをより早くトップページ表示させるために、今現在トップページ表示されている上位10サイトとの違いを明確にするために利用するものです。

    棒グラフと数字で違いがはっきりと分かりますので、“より具体的・効果的”に手直しができます。
    例えばあなたのコンテンツに含まれている特定のキーワードが1位サイトより少なければ、そのキーワードをもう少しコンテンツに盛り込むようにするというような使い方ができます。

  • 特定のキーワード(検索キーワード)で検索した時に、トップページ表示されている上位10サイトの共起語(出現率の多いキーワード)がどのような配置になっているのかを確認することができます。
    と同時にあなたのサイトや特定のサイトの配置も棒グラフと数字で確認できますので、その違いも明確になります。
    コンテンツの文章(正確にはbodyタグ)を10分割したとして、それぞれにいくつずつ配置されているかを確認する機能です。

    POINT一般的に出現頻度の高いキーワードがページ内の一部分に固まって出現するよりも、バランス良く出現する方が上位表示に好影響を及ぼします。従ってこの機能を有効利用することで特定のキーワードを含んだコンテンツの配置を決定することができます。

  • 特定のキーワード(検索キーワード)で検索した時にトップページ表示されている上位10サイトとあなたのサイト(比較サイト)の文字数を比較するための機能です。
    一般的に文字数が多い方が上位表示されやすいと言われていますので、この解析結果を参考に文字数の増減調整をしてください。

  • 特定のキーワード(検索キーワード)で検索した時にトップページ表示されている上位10サイトとあなたのサイト(比較サイト)の被リンク数を比較するための機能です。

    POINT「コンテンツがしっかりしていれば被リンクがなくても上位表示される」という人もいますが、正直言ってある程度の被リンクがあった方が上位表示される確率は断然高いです。

  • 特定のキーワード(検索キーワード)で検索した時にトップページ表示されている上位10サイトとあなたのサイト(比較サイト)の発リンク数を比較するための機能です。
    トップページに表示されている10サイトのそれぞれのトップページからの発リンクはいくつくらいあるのかを確認することができます。

    POINTトップページからの発リンクを極力少なくすることが、そのページを上位表示させるために重要だと言われています。

  • “EWA”は「文章内の平仮名を区切りとして語句を特定する文字種解析」と「文章内の文字を形態素で分けて語句を特定する形態素解析」の2つを実装しており、いずれかを選択できるようになっています。

    デフォルトは「文字種解析」になっておりますので、一度両方の辞書を選択した上で「共起語サーチ」などを行なってみて、ご自身が使いやすい方の辞書を選択いただければと思います。

    なお共起語については、あくまでもツールにインストールしてある辞書データの中より抽出されます。
    従って辞書データにないものについては、ごく稀に共起語として表示されないことがあります。



    <例>「がん保険」という共起語がいくつか含まれているはずなのに実際はカウントされていない。

    このような場合は、「がん保険」というキーワードをあなた自身で辞書に追加登録することができます。こうしておけば、その後「がん保険」というキーワードを含んだ文章を共起語解析した時には「がん保険」がカウントされます。
    「がん保険」というキーワードに限らず、ライバルサイトと自分のサイトとを特定のキーワードで比較する際には「文字種解析」や「形態素解析」の辞書にそのキーワードが含まれているかを確かめるまでもなく、予め登録しておくことが有益かと思います。

既存サイト収益化

今回“EWA”は“最短で”サイトをトップページ表示させるための補助的な役割を果たすツールという位置付けでご案内させていただきましたが、もう1つの大きな役割は
既にお金と時間を掛けて構築したサイトを“収益を生み出すサイトに変身させる”
ことなのです!

あなたは既にいくつものサイトを運用しているかもしれませんね。
検索順位はいかがでしょうか?

「頑張ってはいるけど、トップページにはなかなか表示されない」

とおっしゃるなら、収益も思うようには手にできないはずです。
そんな状況にあるのに既存サイトに対してどのような対策をしたらよいのかも分からないままに過ごしているのではないでしょうか?

そんな時には“EWA”であなたのサイトとトップページに表示されているサイトの比較をしてみませんか?
“EWA”にはトップページに表示されている上位10サイトとあなたの既存サイトとの違いを明確にするための「キーワード出現率解析」「キーワード配置解析」「コンテンツ文字数解析」「被リンク解析」「発リンク解析」機能が実装されています。

  

それぞれの解析結果を見れば、あなたが既存サイトに対してどのような対策をすべきかが一目瞭然です。
すべて棒グラフと数字で見える化しています。
これまでに見たこともないようなビジュアルをあなたの目で是非とも確認していただきたいです。
また大掛かりなコンテンツ修正をするのであれば、「hタグ解析」をしてみて、掲載すべきテーマを見極めることも有効かと思います。

“EWA”はあなたの使い方次第で様々なシーンで活躍してくれるはずです。

特別オファー&特典

共起語を含んだコンテンツ(文章)を作成(ざっくり)する方法として、次の3つをご案内させていただきましたが、いくつもサイトを作るという人にとっては「外注費用がとんでもなく嵩む」ということがあるかもしれません。

その1.外注する(共起語を指定して依頼)
その2.外注する(トップページ表示されているサイトの「hタグ」を抽出して依頼)
その3.無料リライトツールの活用

また無料リライトツールでは、リライトできる語句の数が限られてしまいますので、どうしてもご自身でリライトすることが必要になり、かなり時間が掛かることになってしまうかもしれません。
そこで希望される方には弊社がこれまで販売してきたベストセラーツールである「メイン・サイト・リライター(“MSR”)」を定価から8,000円引き(29,800円⇒21,800円)で販売させていただきます。
この“MSR”については“EWA”の発売に合わせて、「一括変換機能」と「除外キーワード設定機能」を新たに実装いたしました。
これは共起語など自動変換されては困るキーワードを除外した状態で、対象の原文を一括変換できるようにしたものです。
“MSR”の「一括変換機能」と「除外キーワード設定機能」については、必ず“MSR”の販売ページにてその内容を確認し、ご理解いただける方だけご利用ください。

MSR

上位30位以内に入ったサイトについては、コンテンツを見直すと同時に被リンクを供給することが必要になりますが、被リンクを供給する衛星サイトを構築するに際しては、どうしても文章が必要となります。もちろん外注するというのも1つの手ですが、20個の衛星サイトを構築するとして、それぞれに1,000文字~2,000文字の文章を掲載するとしたら、それだけで20,000~40,000円もの大金が必要になります。
弊社などは衛星サイトを構築する際は最低50個を常識と考えていますので、外注すれば50,000~100,000円もの金額になってしまいます。それではあまりにも高額です。
そこで希望される方には弊社がこれまで販売してきたインフォトップ殿堂入り商品でもある「パーフェクト・サテライト・ライター(“PSW_ver.2”)」を定価から8,000円引き(27,800円⇒19,800円)で販売させていただきます。

PSW_ver.2

特別オファー1及び特別オファー2については、“EWA”購入2日後にご登録のメールアドレス宛にお申し込み方法を記載した下記件名でのメールをお送りしますので、そちらをご確認ください。

件名:お名前様、「“EWA”通信」「MSR&PSW_Ver.2特別オファー」




小冊子”EWA をこう使えば、あなたの「知りたい」「わからない」が一発解決!”をプレゼント。

上位表示させるためにEWAをどのように利用すればいいのかやEWAの効果的な利用方法について、30項目にまとめて解説している小冊子になります。
EWA利用開始時あるいは利用中に併せて閲覧いただければ、より理解が深まるものと思います。
“EWA”本体と“EWA”操作マニュアルをダウンロードする際に同梱させていただきますのでお受け取り下さい。

“EWA”の価格

動画を見ていただければお分かりの通り、“EWA”は非常に使いやすくてサクサクと稼働します。
しかも上位表示を支援するための機能が満載です。
この“EWA”さえあれば、「効率的にシステマティックに」を実現できますから、あなたのアフィリエイトに対する「考え方と手法」も大きく変わるのではないでしょうか?

“EWA”を利用すれば、下記の手順で1つのサイトをアップロードしグーグルのサーチコンソールに登録するまでの“あなた自身が拘束される時間”は慣れればせいぜい20分程度です。
もちろん手順④で文章の作成を外注して手に入れるまでの時間は考えておりませんが、その間には別の作業ができます。

私などは外注することなく自社が別途販売しているリライトツール“MSR”を利用していますので、上記の5つの手法を完全に終えるまでの時間が20分(一括変換機能を使えば10分)です。
1日8時間集中するとすれば、24個のサイトをアップロードすることができます。
しかもすべて上位表示する確率の高いサイトです。

あなたの今の状況と比較してみてください。
1日8時間で24個ものサイトをアップできるでしょうか?
せいぜい2~3個ではないでしょうか?

仮に1日に3個アップできるとして、残りの21個をアップするのに7日間も掛かります。
あなたの労働単価が時給1,500円だとして、7日間で84,000円分(1,500円×8時間×7日間)の経費節減に繋がります。
恐らくアフィリエイトサイトを構築する人は「10サイトや20サイトでおしまい」などということはないはずですから、84,000円分の経費節減どころではないと思います。

また“EWA”があれば、既に運営していたサイトについても様々な項目で再チェックすることができますから、手直しすべきところも明確になり更なる上位表示が望めます。

そう考えると100,000円以上の価値はあるかと思いますが、いくら何でもそれでは高すぎます。
そこで誰でも購入を検討いただけるように価格は19,800円にさせていただきました。

今なら“EWA”を手に入れやすいように、最大24回までの
クレジットカード分割払い(VISAカード・Masterカードのみ)もご用意しておりますので、
24回払いであれば、月々わずか825円程度でご利用いただくことができます。
(※別途分割手数料が掛かります。)

以上ご了解の上、お申し込みをお待ちしております。

パソコンでのお申し込みはこちらから

(クレジット決済/銀行・郵便局振込み/コンビニ決済)

Q&A よくある質問

「キーワード解析」機能を使った場合にどのような結果が得られるのかサンプルを見ることができませんか?

グーグルのキーワードプランナーを利用して抽出したキーワードをEWAに読み込んで解析したものを1つお見せします。(解析したものの内、評定8以上のもの)

上記のようにライバルサイト数もallintitle件数も少ない“儲かる匂いのするキーワード”を見つけることができます。

Macでも稼働するのでしょうか?

残念ですがMacでは稼働しません。Macにウインドウズをインストールして“EWA”を使っている方もいらっしゃいますが、弊社としてはインストールの詳細までは分かりかねるので、Macでの稼働は保証外とさせていただきます。

デスクトップとノートパソコンの両方で利用したいが可能でしょうか?

“EWA”は1台のパソコンにつき1つのシリアルNoが必要なので両方でご利用いただくことはできません。
2台目をご希望の方は8,000円引きの11,800円にてお求めいただけますので、弊社宛直接ご連絡ください。
件名「“EWA”2台目希望」⇒  info@easy-words-analytics.info

PCとモバイルの両方に対応しているとありますがどういうことでしょうか?

キーワード検索をする人の割合は、最近ではモバイルの方が多くなってきています。従いましてモバイルに対応したサイトを構築することも大切で、そのためにもモバイルの上位に表示されるサイトの解析が必要になります。“EWA”はPCサイトを対象にして解析する機能とモバイルサイトを対象にして解析する機能の両方を実装しています。

思っていた内容のものと違うので返品(キャンセル)・返金を希望します。

原則お客様の都合による返品(キャンセル)・返金はお受けしておりません。
お求めはこの販売ページを熟読いただくと共に掲載している動画にて内容をじっくりと把握してからにしてください。
何らかの不安・不明点がある場合は、お問い合わせいただくか購入をお控えください。

「キーワード解析」における「評定」ですが信用して大丈夫でしょうか?

「評定」はあくまでも目安ですが、それなりに厳しい目で見たものになりますので、「9」や「10」の評定のキーワードを中心にサイト構築を進めていただければと存じます。何個かのサイトを構築することと、それらのサイトの上位表示との兼ね合いを見ながら評定が「8」のものや、余裕があれば検索サイト数が100万件以上あるけど、「allintitle数」がゼロのようなキーワードでのサイト構築にもチャレンジしていただければと存じます。
最終的にあなたなりの評定基準を持っていただくことが大切になってくると思われます。

こういったツールを使ったことがないのですが使いこなせるでしょうか?

「“EWA”操作マニュアル」をご覧いただければ十分使いこなせるものと存じます。またツール自体も直感的にわかるような仕様になっておりますので、それほど難しくはありません。
「誰にでも優しくサクサク稼働するツール」をモットーに開発しておりますのでご安心ください。

SEO対策についての問い合わせにも応じてもらえるのでしょうか?

大変恐縮ですが、弊社はSEO対策業者で日頃は対価をいただきながらSEO対策をさせていただいております。従いましてSEO対策についての問い合わせにはお答えできかねます。

「キーワード解析」したいキーワードが500個以上あるのですが可能でしょうか?

一度に解析できるキーワードはヤフーからのペナルティを受けない為にも500個を上限とさせていただいております。ただし501個以上解析したい場合は一旦先に解析したものをクリアしていただき、再度キーワード入力欄に解析したいキーワードを入力いただければ解析可能です。

シリアルNoは起動するたびに入力する必要がありますか?

いいえ、最初に起動する時のみ入力いただく必要がありますが、その後は基本的に入力する必要はありません。

“EWA”は月額利用料が必要ですか?

いいえ月額利用料は必要ありません。
買い切りのツールになります。

海外在住ですが、利用可能ですか?

“EWA”は主に日本のデータリソースを利用してそれを数字として提示するツールです。従ってそれらのデータリソースにコンタクトできれば利用できるかと存じますが、それぞれのお国の事情やインストールされているセキュリティーソフトなどにより、正常なデータを取得できない可能性も否定できません。
また海外で購入されたパソコンの性能等につきましても、弊社にて把握しておりませんので、“EWA”については原則お求めにならない方が良いと思われます。 なお上記理由にもかかわらずお求めになられて、万が一正常に稼働しない状況になりましても、申し訳ありませんが弊社としてはサポートも返金もできませんことご了承ください。

ツールの設置に自信がないのですが難しくないでしょうか?

設置自体はそれほど難しくはありません。どうしてもできない場合はスカイプを通じてツールの設置が完了するまで時間無制限・回数無制限でサポートしますので、ご安心ください。

“EWA”はネットに繋がっている状態でないと利用できないのでしょうか?

“EWA”はネットを介してデータを抽出しておりますので、基本的にネットに繋がっていることが必須です。

100個のキーワードを「キーワード解析」するのに必要な時間はどれくらいでしょうか?

Win7とWin10にてテストしておりますが2分程度です。もちろんネット環境やPC環境によって異なってきます。

辞書については選択できるようになっていますが、この違いは何でしょうか?

「文字種解析」は文章内の平仮名を区切りとして語句を特定する辞書を利用しており、「形態素解析」は文章内の文字を形態素で分けて語句を特定する辞書を利用しております。従いまして共起語として特定されるキーワードが異なる部分があります。

利用できないウインドウズのバージョンはありますか?

ウインドウズVISTAを含め、それ以前のバージョンのものはマイクロソフトの保証期間も過ぎておりますので、弊社としては稼働保証の対象外とさせていただきます。

EWAを利用すれば必ず収益に結びつくでしょうか?

必ずとか絶対ということは言えません。今回このページでご紹介した手法は一部のトップアフィリエイターが実際に実践して収益をあげている手法ですので、真似をしていただければあなた自身もうまく行く可能性は非常に高いものと存じます。
“EWA”はその手法を効率的&システマティックに進めていただくためのツールだということをご認識ください。
最初は評定が「10」のものに取り組むことをおすすめします。

利用しているパソコンを変更した時に、新しいパソコンで“EWA”を利用するにはどのようにすればいいのでしょうか?

新しいパソコンで接続しているIPアドレスと旧パソコンを起動する際に入力したシリアルNoとお名前(フルネーム)を明記の上メールを下記宛お送りください。
IPアドレスはhttps://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi にアクセスしていただければ確認できます。

件名「“EWA”PC載せ替え希望」⇒ nishizawa@easy-words-analytics.info

折り返し“EWA”の別のパソコンへの載せ替えについてご案内させていただきます。
なお別のパソコンへの載せ替えについては、初回は無料、2回目以降はその都度2,000円(税別)を申し受けますのでご了承ください。

被リンク数ですが、他のツールなどと比較すると全体的に少ないように感じるのですが、何か理由はありますか?

被リンク数については同一ドメインから複数のリンクがあっても1つと数えたり、被リンク数を取得する頻度やタイミングが違ったりするので、正直なところこれが正確な数字ですということが言えないというのが実態です。
弊社が提示している数字は海外のサイトから取得したものでありますので、その点で多少影響があるのかしれませんが、あくまでもトップページに表示されているサイトとあなたのサイトを比較してみた時にどうなのかということが重要であり、その比較値を知るには十分かと思いますので、そのような捉え方をしていただければと存じます。

EWAを1台のパソコンで複数立ち上げてキーワード解析したいと思いますが可能でしょうか?

EWAはヤフー検索を利用してキーワード解析をします。ご存じのとおりヤフー検索では機械的な検索がなされているとヤフー側に判断された場合、一時的に検索ができない状態に陥ります。
EWAではこのことを防ぐためのプログラミングがなされているわけですが、それは同一回線でEWAを1つ起動させることを想定しており、複数起動させることは想定しておりません。
実際に弊社でもEWAを10個同時に立ち上げてキーワード解析を実施してみましたが、やはり途中で検索できない状態に陥り、その状態が回復するまでに1時間を要しました。このような状態を避けるためにも、EWAの使用は同一回線で1つということを厳守してください。

IPアドレス毎にEWAを起動させるためのシリアルNoを付与しますとのことですが、帰省先や外出先ではその都度申告しないと立ち上がらないのでしょうか?また、wimaxを利用していて時々IPアドレスが変わる場合があるのですがIPアドレスが変わった場合はどうなりますでしょうか?

IPアドレスはEWAの初回起動時だけに必要なものであり、 一度起動したら以降はMACアドレスによる認証になりますので問題はないかと思います。

無料問い合わせ期間について

“EWA”購入日より30日間・回数無制限のメールでの無料問い合わせ期間を設けておりますので、何かご不明な点があれば、遠慮なくお問い合わせください。
お問い合わせは nishizawa@easy-words-analytics.info 宛てメールでお願いします。
お電話でのお問い合わせにつきましてはお受けしておりませんのでご了承ください。

最後に

“EWA”の販売ページを最後までご覧いただきありがとうございます。
このページでは一部のトップアフィリエイターが取り入れている考え方や手法を中心にご紹介させていただきました。
彼らの話を聞いていると、その考え方や手法の中核をなしているのは「効率性とシステマティック」だと感じられます。
無駄なことには極力お金や時間を投入しない代わりに、収益が見えるものに対しては存分にお金と時間を投入するという、一見当たり前のように聞こえるのだけれども、ほとんどの方がやっていないことをただシステマティックにやり続けることで大きな収益を手にしているわけです。
具体的に言えば、トップページに表示される確率の高いキーワードを特定し、それに対してのみお金と時間を投入するということですから、収益があがって当然だとも言える考え方と手法なわけです。

弊社が今回販売開始した“EWA”は彼らトップアフィリエイターの考え方と手法を実現することができる必要かつ十分な機能を実装することで、月に5,000円すら稼げていない人に今以上の収益を得ていただきたいと願って開発したものになります。
換言すれば、収益の上がっていない人が「効率性とシステマティック」を追求できるツールだとも言えます。

ご挨拶のところでも書かせていただきましたが、トップアフィリエイターと同じ手法は“EWA”がなくても実施できます。その手法についても本文中でご紹介しております。
ですので、まずは“EWA”を購入しないで実践してみるというのもありだと思います。
ただ時間的なロスを嫌うというのであれば“EWA”に頼るというのは賢明な選択だと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたの売り上げアップを心から願っております。

パソコンでのお申し込みはこちらから

(クレジット決済/銀行・郵便局振込み/コンビニ決済)